1. ホーム
  2. 良質な睡眠が重要な理由

良質な睡眠が重要な理由

健康上の悩みは人それぞれ違いがありますが、あまり眠れない、早く目覚めてしまう、夜中に何度も目覚めてしまうなど睡眠の悩みを持つ人は少なくありません。

そして良く眠れた日は体も頭もすっきりし、1日を気持ちよく過ごすことができますが、眠れない日が続くと頭がぼんやりする、疲労が取れない、ミスをしやすくなるなどいろいろな症状に悩まされることとなってしまいます。

それゆえに、睡眠はしっかり摂っておきたいですが、眠れなくなる原因の一つにはメラトニン不足があげられます。

これは体内時計を正常に保つために大切なホルモンで、夜にメラトニンが多く分泌されることで自然な睡眠が得られるようになっており、メラトニンの分泌が十分でないと不眠症の症状が出やすいとのことですので、しっかり改善できるようにしていきましょう。

熟睡しやすくするためには様々な方法がとられていますが、改善が難しい場合は薬が処方されることもあります。

そして睡眠に役立つ薬は様々ありますが、ロゼレムもそのひとつです。

ロゼレムは睡眠にかかわるホルモンであるメラトニンに作用することで、覚醒と睡眠のリズムを整え、より眠りやすくしてくれるものです。

ロゼレムを使うことで不眠症が改善されることもありますが、やはり薬には副作用もありますので、気をつけなくてはいけないこともあります。

よく報告されている副作用としては頭痛、めまい、眠気、吐き気、発疹、便秘、倦怠感などがあり、人によってはアナフィラキシー様症状が出ることもあり、こうした場合はすぐに使用をやめ、医師に相談しましょう。

それから、ロゼレムは朝起きたときもまだ眠気が残っていることもあり、車の運転など危険を伴う作業を行うときは向いていないとされています。
朝、車で出勤したり、仕事で機械操作をしたり、高所で作業をするなどという場合気をつけたいものです。

それから飲酒により作用が強まってしまうこともありますので、服用しているときはお酒は飲まないようにしましょう。

そのほかではロゼレムを長期で使用している場合にはプロラクチン上昇が現れる場合もあり、人によっては月経不順が起きたり、性欲減退などのホルモン系の副作用が現れる場合もあるとのことです。

薬は症状の改善にとても役立つものですが、人によっては合わない場合もありますし、効能だけではなく、副作用についてもよく理解しておく必要があります。

そして、薬に頼らない睡眠改善の努力も怠らないようにし、自然な睡眠が得られるようにしたいものです。


睡眠障害の各症状と原因については下記ページをご参照ください。

入眠障害の症状と原因

熟眠障害の症状と原因

中途覚醒の症状と原因

早朝覚醒の症状と原因

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行