1. ホーム
  2. 良い睡眠のために生活習慣を改善
  3. 夜になったら部屋の明かりを暖色照明に

照明は睡眠にも影響を与えます。暖色系の照明も利用して質の高い睡眠をとりましょう。

睡眠と照明の関係性

暗がりの部屋でスマホをさわる女性

睡眠から影響を与えられるものが多いように、睡眠に影響を与えるものも多くあります。

その中の一つに「照明器具」があります。

普段、照明器具に対して特に何とも思ったことがない人も多いと思います。たとえ思ったとしても、明るすぎる、暗すぎるなどの極端なことでしょう。しかし、照明器具は睡眠の質を高めるためにも重要な役割を果たすのです。

寝る直前まで、真っ白の照明の部屋にいたりしませんか?

その行動こそ、実は目を覚めさせる要因になってしまっているのです。

体内時計のリズムに合わせて、夜になると大量のメラトニンが分泌され、起きると同時に抑制されます。

しかし、寝る直前まで明るい照明を浴びていることで、夜になったと脳は思わず、メラトニンの分泌を抑制してしまうことがあるのです。

そのために眠りにつくこと自体を阻害することもありますし、いつも通り眠りにつけたとしても質の良い睡眠にはならないこともあります。

暖色系の照明

さらに、メラトニンの働きを阻害すると言われている照明こそ、白の光を放つ照明なのです。

メラトニンの分泌を抑制しない照明の色は暖色系と言われており、オレンジの光は目にも優しく、睡眠を誘発する作用もあるようです。

暖色系は情熱的でもあるので、一見あまりよくなさそうに思えてしまう人もいるかもしれませんが、オレンジ色の光にはリラックス効果があるという実験結果が出ているのです。

そのため、寝る直前まで生活している場所の照明をオレンジ色などの暖色系に変えることをおすすめします。

そうするだけでも寝付きのよさもかなり変わってくるはずですし、朝の目覚めもスッキリするでしょう。

また、照明でより睡眠の質を高めようと思った場合には、家の照明を間接照明に変えましょう。

全部変えるのが難しい場合には、寝室だけでも十分です。

直接光を目に受けないことで、さらにメラトニンの分泌は増加するので、なるべく直に光を見ない生活を送るようにするといいでしょう。

そして、寝る時間が近付くにつれて、光の強さも弱めていくとより効果的です。

そうすることで、脳は夜になっているという認識をし、寝る準備を始め、十分にメラトニンが分泌され、自然な状態で眠りにつくことができるのです。

最近では、オシャレな間接照明も多く販売されているので、部屋の模様替えの一環として照明を変えてみてはどうでしょうか。部屋も温かい雰囲気に変わりますし、なにより睡眠の質も上がるので、いい事尽くしです。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行