1. ホーム
  2. 睡眠薬の種類
  3. 超短時間型

寝ようと思っても寝付くことができない入眠障害に陥っている方にオススメの治療薬がマイスリーやハルシオンなどの超短時間型の睡眠薬です。

超短時間型の睡眠薬の特徴や注意点

超短時間型を服用してみた女性

睡眠薬には様々な種類の製品が存在していますが、その中でも比較的使用している人の多い製品に、超短時間型の睡眠薬と呼ばれるものがあります。

この超短時間型の睡眠薬がどのような特徴のある製品なのかというと、これは薬の服用後、効果が最も強くなる最高血中濃度到達時間と呼ばれる時間に非常に早く到達し、そこから薬効が半分に下がる半減期と呼ばれる時間に到達するまでも早い、という特徴のある睡眠薬です。

そのため、この超短時間型の睡眠薬と言うのは、服用してすぐに効果があらわれ、眠っている間に薬がちゃんと切れてくれるという特徴があるのです。

そのため超短時間型の睡眠薬は、寝ようと思っても寝付くことができない入眠障害と呼ばれる不眠症の治療に使用されます。

超短時間型の睡眠薬にも様々な種類の製品が存在していますが、マイスリーやハルシオンなどの非常に有名な睡眠薬がこの超短時間型の睡眠薬に該当しています。

そのため、もし眠りたくても眠れない……このような入眠障害を治療したいと思っているのであれば、マイスリーやハルシオンを始めとする、超短時間型の睡眠薬を使用してみると良いでしょう。

超短時間型の睡眠薬を使用する際に注意しないといけない事として、短時間で一気に効果があらわれるため、使用している時にはしっかりと眠れるのに使用をやめると眠れなくなってしまう、睡眠薬を使用する前よりも症状が悪化した……というリバウンドと呼ばれる症状を起こしやすい睡眠薬が存在しています。

そのため、超短時間型の睡眠薬を使用する際には医師と相談を行いながら、服用量を減らしていき、リバウンドを起こさないようにしましょう。

また、超短時間型の睡眠薬の中にはリバウンドを起こしにくいように作られている製品も存在しています。

なので、もし不眠症治療を行う際にリバウンドを極力起こさず、睡眠薬の使用をやめられるようにしたいと思っているのであれば、リバウンドの起こりにくい睡眠薬を選んで使用するようにしましょう。

他の注意点として、超短時間型の物は服用後すぐに効果があらわれるので、服用した後は速やかに布団やベッドに入らないと、睡眠薬の作用によってふらついて転び、そのまま怪我をしてしまう可能性があります。

さらに、服用後は効果がすぐにあらわれるので、健忘と呼ばれる記憶はないけれども身体は動いている状態を発症しやすい、という特徴もあるので、使用後や速やかに眠る態勢に入るようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について