1. ホーム
  2. 睡眠薬の種類
  3. 中間型

中途覚醒や早朝覚醒といった睡眠障害に非常に有効な「中間型」の睡眠薬について説明します。

中間型の睡眠薬の特徴や注意点

中間型を服用した女性

睡眠薬には様々な種類のものが存在していますが、その中でも効果が最も強くなる、最高血中濃度到達時間が比較的長く、さらに効果が弱まる半減期に到達するまでにかかる時間も比較的長いという特徴のある睡眠薬があります。

この睡眠薬は中間型、中時間型、中間作用型と呼ばれる種類の睡眠薬で、有名なものにロヒプノールやユーロジンというものがあります。

この種類の睡眠薬の特徴は先述のように、効果が最も強くなるまでの時間と効果が和らぐまでの時間が比較的長いというものです。

そのため、この中間型の睡眠薬というのは、超短時間型もしくは短時間型の睡眠薬のように、服用してすぐに効果が強く現れるのではなく、服用後にじんわりと効果が強くなっていくので、眠ろうと思っても寝付けない入眠障害のような症状を治療する際には使用されず、使用しても意味がありません。

では一体この中間型の睡眠薬どのような症状を治療する際に使用するのかというと、これは眠っても起きてしまうという特徴のある不眠症、つまり中途覚醒や早朝覚醒の治療に使用されるのです。

更に、睡眠薬は脳をリラックスさせる事によって、体を眠りにつかせますので、使用すると精神を落ち着かせる、抗不安作用があります。

ですが、短時間型の睡眠薬というのは抗不安作用を体感する前に体が眠りに入ってしまうので、そこまで強い抗不安作用は期待できません。

ですが、中間型のものは比較的長時間効果が残る傾向にあるので、使用後には眠れるようになるだけではなく、精神的な安定を得ることもできるのです。

更に、中間型の効果が現れるまでに時間が掛かるという特徴は他にも利点があり、薬をやめた際のリバウンドと呼ばれる症状の再発や悪化が起こりにくい、という利点があります。

なので、この中間型の睡眠薬は不眠症治療を行う際に薬を減らしていく減薬が非常に行いやすいという特徴もあるのです。

このように様々なメリットが中間型の睡眠薬には存在していますが、それと同じようにデメリットも存在しています。

そのデメリットというのは、睡眠薬の効果が残りやすいという特徴です。

超短時間型の睡眠薬や、短時間型の睡眠薬であれば、起きるまでの間に薬の成分が全て体から抜けています。

ですが、中間型のものは薬が切れるまでにかかる時間が長めに作られている為、使用して翌日目が覚めた後も、薬が体内に残っている場合があるのです。

体内に薬が残っていた場合、目覚めが非常に悪くなってしまう可能性があり、更にめまいや強い眠気、倦怠感、身体のだるさと言った、睡眠不足のような症状を引き起こす可能性があるので、中間型の睡眠薬を使用する際には、このような効果が体に残ってしまう可能性がある、ということは覚えておくようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について

薬通販|お薬なび|個人輸入代行