1. ホーム
  2. 睡眠薬で不眠症を改善する
  3. 睡眠薬の効果

睡眠薬は不眠症などの改善に非常に効果的な医薬品です。まずはその効果に関して学んでおきましょう。

睡眠薬にはどんな効果があるの?

睡眠薬の錠剤

眠りたくても眠ることができない、そんな辛い不眠症をどうにかして治療したい……そう思った時に使用するのが、睡眠薬と呼ばれる医薬品です。

多くの人はこの睡眠薬に対して、飲めば眠れるようになるという認識を持っていると思いますし、そのような認識で間違いはありません。

ですが、実際に何がどのように作用しているのかということがわからないと、使用することに対して不安を持ってしまう人もいるでしょう。

もしかしたら睡眠薬という薬は危険な薬なのかもしれない、飲んだら眠ったまま起きることができなくなってしまうかもしれない……そのように不安を感じてしまうと、睡眠薬を使用した不眠症治療を行うのも、怖くなってきてしまいます。

こうした不安を解消するためにも睡眠薬の作用をきちんと知り、何にどう効くのかというのを知ってから利用してみてはいかがでしょうか。

脳には活動的になる時間と活動が抑制される時間が存在しています。

これらの時間というのは、本人の生活リズムや体内時計等によって時間が変動するのですが、一般的には昼になると活動的になり、夜になると機能が抑制されていきます。

そして、脳の活動が抑制された状態というのは、活動的な時間と比べてゆるやかに活動を行うため、脳全体がリラックスした状態になります。

そのような状態になると、身体の活動も抑制されていき、その結果、眠気があらわれ、人は睡眠をとるようになります。

ですが、不眠症を発症してしまうと脳が上手くリラックスできなくなってしまい、寝ようと思っても脳がまだ活発に活動しているから眠ることができない、眠っているけれども脳はリラックスしていないので目が覚めてしまう、勝手に脳が活動的になってしまうので目が覚めてしまう……このような不眠の症状を発症してしまうのです。

睡眠薬の基本的な作用としては、服用すると脳の活動を抑制させてリラックスした状態を作り出すというものです。

つまり、睡眠薬を服用すると強制的に脳の働きを抑制し、身体をリラックスした状態へと移行させて、眠りにつくことができるのです。

睡眠薬の基本的な作用はこのようなものですが、薬の種類によって脳のどの部分に作用するのか、何を抑制して眠気を誘っているのかという点が異なります。

なので、睡眠薬を使用する際には基本的なメカニズムを知り、その上で自分が服用する物にどのような特徴があり、どの部分にどう作用しているのかというのを合わせて知っていくようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について

薬通販|お薬なび|個人輸入代行