1. ホーム
  2. 睡眠薬で不眠症を改善する
  3. 睡眠薬のリスク

睡眠薬は睡眠障害などに効果を発揮する非常に優れた医薬品ですが、そこにはリスクもあるのです。

睡眠薬を使うリスクとは

睡眠薬を使うリスクを指摘する医者

自分が眠りたいように眠ることができない、非常につらい不眠症の症状を治療したい……そう思った時には、睡眠薬と呼ばれる医薬品を使用することによって、脳をリラックスした状態に移行させ、身体を眠りにつかせることができます。

そのため、辛い不眠をどうにかしたいという風に思っているのであれば、この睡眠薬を使用した不眠症治療を行うと良い、という風に言われています。

ですが、不眠症治療を行う際には合わせて知っておくべきこともあります。

それは、睡眠薬を使用した際に発生するリスク、つまり副作用です。

睡眠薬というのは、脳に対して直接作用する医薬品です。

そのため、使用時に発生する副作用の中には少々危険なものから、他の医薬品では絶対に発症しないような、睡眠薬独自の副作用なども存在しています。

例えば、睡眠薬特有の副作用に持ち越しと健忘という症状があります。

持ち越しというは、睡眠薬の効果が起きた後も継続するという症状です。

多くの睡眠薬は睡眠中に効果が切れるようになっています。

ですが、種類によっては非常に長時間効果が続くものも存在していて、そのような種類の睡眠薬を服用して眠り、目覚まし時計やアラーム等を利用して目を覚ました場合、起きたときにまだ睡眠薬の効果が身体に残っていることがあるのです。

その結果、起きた後もずっと寝起きの倦怠感やフラつき、眠気が持続してしまうのです。

そして健忘ですが、この症状は夢遊病に近いもので、本人の意識がないのに体が動いてしまうという症状です。

この症状は睡眠薬の作用によって意識は完全に眠っているけれども、肉体はまだ眠っていないので、活動を続けてしまうというものです。

活動の内容としては、食事をする、人と会話をする、ネットをする……というような、傍から見ると眠っているとは思えないような活動を行ないます。

ですが、動いている本人は一切その時の記憶が無いため、健忘を起こしている最中に行った行動や会話、メールのやり取りなどを一切覚えていないのです。

そのため、この健忘を起こしてしまった場合、本人がした覚えのない約束をどこかで勝手に行っていることがあるため、非常に恐ろしい副作用であるといわれています。

それ以外にも、睡眠薬の種類によっては身体的依存を起こしてしまうような物も存在しているので、睡眠薬の量を減らしていく減薬と呼ばれる物を行う際に苦労する、というリスクが存在している睡眠薬も存在しています。

なので、使用する際にはどのような睡眠薬にどのような効果があるのか、という事を知り、その上で使用する物を選ぶようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について

薬通販|お薬なび|個人輸入代行