1. ホーム
  2. 睡眠薬で不眠症を改善する

不眠症にはメラトニンサプリも効果的ですが、重度の場合は睡眠薬を使用して治療することが必要です。

不眠症と睡眠薬

様々なお薬

なかなか眠ることができない、そのようなつらい症状を解消するためには、メラトニンを服用することによって、体内時計を正常なリズムに移行させ、しっかりと眠れる身体を作り出すことができます。

ですが、人によっては幾らメラトニンを使用しても眠ることができず、非常に辛い思いをしている人も居ます。

そのような人は、もしかすると不眠症と呼ばれる症状を発症しているかもしれません。

この不眠症と呼ばれる症状というのは、睡眠障害の一つで、自分が思ったように眠ることができない……という症状が特徴的な病気です。

自分が不眠症かどうかを判断する方法としては、自分が思ったように眠ることができない、という不眠症の症状がどれだけの期間続いているのか、と言った点で判断することができます。

眠れない症状が1日、2日程度発症している時には、一過性不眠と呼ばれる分類わけをされます。

この症状というのは、小さな子供が遠足前に眠れなくなってしまうような、精神的な昂ぶりなどが原因で発症する不眠症で、これは生物として正常な反応であるため、治療する必要がないと判断されています。

そして、ストレスや精神的な負荷などによって1週間から3週間程発症する不眠の症状は短期不眠と呼ばれます。

この短期不眠も特に何か治療をする必要がある訳ではありませんが、何もせずに放置していると、慢性的な不眠症へと繋がると言われている為、注意する必要があります。

そして、1ヶ月以上眠りたいように眠れないという症状が続く場合、ただの眠れない状態ではなく、不眠症と呼ばれる睡眠障害を発症していると判断されます。

一度不眠症になってしまうと、きちんとした生活リズムを作る以外にもちゃんとした治療が必要となってきます。

その際には、メラトニンを使用するのも良い方法ではありますが、重度の不眠症と呼ばれるような症状を治療する際には、睡眠薬と呼ばれる医薬品を利用した治療が推奨されています。

この睡眠薬というのは脳に対して作用する医薬品で、服用すると脳をリラックスさせ、非常に深い眠りに付くことができます。

なので、眠りたくても眠ることができない……という風に悩んでいる人も、睡眠薬を使用することによって、身体を眠りにつかせて休ませ、しっかりと体力を回復させつつ、またきちんと眠れる状態まで身体を戻すことができるのです。

勿論、症状の度合いによっては睡眠薬を使用せずとも十分治療できる事もあります。

そのため、気軽に睡眠薬を使用する必要はありませんが、もし眠れないことが辛すぎて、どうしても眠りたい、眠らないと気が変になりそうだ……そのように思い悩んでいるのなら、睡眠薬を使用した不眠症治療を始めてみましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について