1. ホーム
  2. 癌患者にも効くメラトニン

メラトニンが癌患者にオススメの理由

夜などに暗い場所で眠った時に分泌されるメラトニンというホルモンは、実は抗ガン剤や放射線治療の副作用を軽減されると言われています。

ガンなどの医薬品の成分は強い成分になりますので、どうしても副作用というものがついてきます。
人によっては激しい副作用も伴うため、服用するだけでも大変な方もいるのが事実です。

例えば、この副作用の中には、神経障害、体力低下、下痢などがあるのですが、こういった副作用のすべてをなくすことはできなくても、メラトニンを服用するだけで軽減してくれるので楽になります。

これは根拠もなくこのように言われている訳ではなく、臨床試験などでも確認が取れています。

日本ではまだドラッグストアなどで気軽に購入ができないのですが、世界に目を向けるとアメリカなどでは普通に一般の方も承認されているサプリメントで購入することが可能です。

日本にいながら欲しい時には、インターネットの輸入代行サイトなどで購入することができます。

がんの種類も選ぶことはなく、体のどこにできたガンに対しても治療を行う時に一緒に服用をすることで、効果が見られるとの報告がされています。

そして、副作用を軽減してくれるだけでなく、生存率も高める効果が分かってきました。

ガンは治療を行っても再発する可能性も低くはなく、一度腫瘍を取り除いても安心できない場合もあります。

医薬品を服用することも大切ですが、ここで一緒にメラトニンの服用も行うことで、ガンの再発を防止し生前率が高まるのです。

ガン治療で悩まれている方などは、日本のクリニックの中にもメラトニンを個人輸入して取扱いを行っているところもありますので、そういったクリニックが近くにあれば行って話を聞き処方をしてもらうことも可能です。
日本では認可が取れていないものでも、個人輸入を医師が行い厚生労働省から証明書を習得していれば、販売もできるので安心して処方してもらうことができます。

メラトニンは普通は体の中にあるホルモンですので、その方によっては補う必要なく、既に持っているものが多い場合もあります。

しかし、10代の時にはピークですが、その後は減っていく一方ですので、人によっては少なく体に足りない方もいるのです。

メラトニンを補うことで、抗ガン剤や放射線治療の副作用を軽減するだけでなく、老化防止やボケ防止、元々ガンではない方でもガン予防をすることができるようにもなります。

メラトニンは世界でも注目をされており、臨床試験でも認められているホルモンなのです。

メラトニンを今すぐ入手|お薬110番



サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行