1. ホーム
  2. 体内時計の重要性

体内時計の重要性

宇宙には未知の部分が多いので、研究が行われています。

地球とは違い、1日のうちに昼が1回夜が1回訪れるのではなく、少し特殊に昼と夜が訪れることになります。


宇宙飛行士が乗ったスペースシャトルというのは、1周90分で地球の周りを回っていますので、地球の陰でこの90分のうちに、昼と夜が何回も繰り返されることとなるのです。

人間は地球上では、このような体験をすることがないので、体内時計も少しおかしくなってしまい、普通であれば朝に目覚めて昼に活動をし、夜に睡眠をするのですが、この地球上ではそのような普通のサイクルが上手くいかないことから睡眠障害を起こしている可能性があると考えられてもいるのです。

そこで、この睡眠障害を克服するために活躍をするのがメラトニンというホルモンになります。

睡眠のリズムが整うことで質の良い眠りになるのですが、このメラトニンが調節してくれる効果があると言われています。

どのように効果があるかも実際に検証をするため、宇宙に行った飛行士達が毎日のように服用をして、睡眠の呼吸数なども記録をしているのです。

地球上にいると、周りが暗く寝ている時間というのは長いので、その間にメラトニンが分泌されます。

しかし、宇宙での暗い時間というのはトータルでは地球と同じくらいになっても、90分の間に昼の明るさと夜の暗さが繰り返されるので、十分にホルモンが分泌される前に明るくなってしまうのです。

ホルモンが分泌されると、睡眠障害などが改善されるだけではなく、老化防止や性欲維持など良い作用が多いので、この宇宙での実験データというのは人間にとって役に立つものとなります。

宇宙飛行士に選ばれた方達が、実際に自分の体を持って実験をしてくれているのです。

一見メラトニンと宇宙飛行士とは関係のないことに見えますが、このような実験を行い、私達の役に立ってくれています。

宇宙飛行士の件から見ても、十分な質の良い眠りというのは大切なことだということが分かります。

ホルモンバランスが整っていると、肌も綺麗なまま保つことができ、皮膚の新陳代謝も助けてくれるのです。
綺麗でいたい女性の味方のホルモンでもあります。

宇宙飛行士の皆さんは、この他にも私達に今後役立つことを日々研究をしてくれていますが、実はこういったホルモンがどのように作用をしているか、ということもしっかりと記録をして調べてくれています。

結果として、メラトニンと宇宙飛行士の関係も研究などをして強くなっているのです。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行