1. ホーム
  2. 他の睡眠薬とは異なるロゼレム
  3. ロゼレムの副作用や注意点

ロゼレムには併用禁忌薬がいくつかあります。併用してしまうと危険な副作用が出てしまう可能性があります。

ロゼレムの併用禁忌薬

数々の医薬品

通常の睡眠薬と比べ、非常に高い安全性を持つ睡眠薬のロゼレムですが、このロゼレムは通常の睡眠薬と作用の仕方などが全く違う為、使用しても副作用を発症しにくくなっています。

ですが、睡眠薬の代表的な副作用である眠気や頭痛などを発症する人もいるので、使用する際にはそれらの症状を発症するかも知れない、と言う事は頭の中に入れておく必要があります。

そして、副作用について知るのと同じように、ロゼレムを使用する際には知っておくべきことや、使用する際に注意しないといけないことなどが存在しています。

非常に高い安全性が有るからと言って、注意すべきことを注意しない、知っておくべきことを知らずに使用する……このような事をしてしまうと、思わぬ事故につながってしまう可能性もあります。

なので、ロゼレムを使用する際にはこれらの知識についても知っておきましょう。

ロゼレムを使用する際に最も注意すべきことに、併用禁忌薬の存在があります。

併用禁忌薬というのは、その名称の通り併用、つまり、同時に使用しては行けない薬の事です。

同時に使用してしまうと命に関わるような症状を発症してしまう可能性があるからです。

ロゼレムの併用禁忌薬は、ルボックスやデプロメールと呼ばれる物です。

具体的には、この中に含まれるフルボキサミンと呼ばれる成分がロゼレムと併用してはいけないもので、これらを同時に使用してしまうと、血中のロゼレム濃度が急激に上昇してしまい、非常に危険な症状を発症してしまう可能性があるのです。

このルボックスやデプロメール、成分であるフルボキサミンは抗うつ剤として処方されており、不眠症を発症している人の中には抗うつ剤を服用している人も非常に多く存在している為、もしロゼレムを服用するのであれば、現在常用している医薬品に先述の医薬品、もしくは成分が含まれていないかを調べておきましょう。

そして、ロゼレムを使用する際に知っておくべきこととして、眠る時には部屋を暗くするというものがあります。

というのも、ロゼレムは通常の睡眠薬のように体を強制的に眠らせるのではなく、人間の自然な眠りのメカニズムに基づいて、眠りにつかせる作用があります。

なので、睡眠薬を服用した時のように、薬が効けば速やかに眠れるようになるのではなく、きちんと周りの環境を暗くしてメラトニンが分泌される環境を構築してあげる必要があるのです。

そのため、ロゼレムを服用する際にはきちんと部屋を暗くし、眠る環境を作ってあげるようにしましょう

そうしないと、ロゼレムを使用しても脳内でメラトニンが分泌されず、眠りたくても眠れない……というような不眠の症状を改善できない可能性があります。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について