1. ホーム
  2. 不眠症

不眠症は4種類に分けることができます。それぞれの症状について具体的に知っておきましょう。

4つの睡眠障害

眠れずに悩む女性

不眠症とは、なかなか眠りにつくことが出来ない、眠りにつけたとしてもしばらくしたら目が覚めてしまう、などの睡眠障害の症状がみられる病気のことをいいます。

眠ろうと思って布団に入ったものの、なかなか眠りにつくことが出来ない、という経験は誰しもあると思います。

旅行の前日で気持ちが高揚しすぎているせいもあれば、明日会社に行きたくないと思い詰めすぎているせいもあります。

睡眠障害の理由は人それぞれ、ということが特徴でもあります。

この睡眠障害が単発で発症したのであれば特に問題はありません。

問題なのは、この症状が継続的に見られるようになることです。

不眠症になってしまうと、体調を崩してしまう、日中の明るい時間帯にも関わらず急激な睡魔に襲われてしまう、集中力が欠けてしまいがちになる、疲れやすくなる、などの症状も見られるようになります。

日常生活に大きく支障をきたす危険性があるので、不眠症は決して放っておいてはいいものではありません。

そして、不眠症はそのタイプによって4種類に分けられます。

不眠症でお昼でも眠たい男性

まず、布団に入ってもなかなか寝付くことが出来ない、この状態を「入眠困難」といいます。寝る態勢に入ってから30分以上経過しても眠れない場合には、入眠困難の症状であるといえます。

入眠困難は、どの年齢層でもまんべんなく起こる不眠症の一種で、主にストレスや悩みごとが原因といわれています。

眠る前は1人で落ち着ける空間が作り出されるので、普段考えない余計なことを考えてしまいがちですが、それが入眠困難を引き起こす原因になっているのです。

次に、睡眠時間はしっかりと確保したはずなのに、あまり熟睡した感覚がない状態を「熟眠障害」といいます。

これは、脳がしっかりと休んでいないレム睡眠状態が続いてしまっていることが原因です。

睡眠の質があまり良くないので、時間の確保も大事ですが、質を高めるようにしましょう。

そして、寝ても途中で何度も目が覚めてしまう状態を「中途覚醒」といいます。

これは、高齢者に非常に多く、頻尿などが原因にもなっています。

頻尿が原因の場合、尿意が目を覚まさせてしまうので、どうしようもないといえばそれまでですが、アルコールなどの利尿作用があるものを寝る前に飲む習慣がある人は注意が必要ですね。

最後に、予定起床時刻よりもかなり早く目が覚めてしまう状態を「早朝覚醒」といいます。

早朝覚醒は、暑さや寒さで目が覚めてしまう、などの寝室環境が影響していることが非常に多いです。

また、レム睡眠の割合が増えてしまうことも原因なので、これも睡眠の質を改善する必要があります。

「不眠症」とひとことでいっても、その種類は症状によって大きく異なります。

まずは、原因が何かを把握し、その原因をどう取り除くかを考えることが、不眠症改善になります。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行