1. ホーム
  2. メラトニン配合の睡眠改善サプリ
  3. メラトニンを摂取してはいけない人

メラトニンサプリはサプリメントですが、使用を避けた方がいいとされる方もいるので注意しましょう。

摂取しない方がいい人もいる

妊婦

メラトニンサプリには、服用してはいけない人というのもいます。

15歳以下の子供や妊娠中の女性は、服用を禁止されています。

16歳くらいがメラトニン分泌のピークとも言われているので、本来は体内のメラトニン分泌量に問題はないはずです。

そのため、不眠症になっているのには別に問題がある可能性があります。

もし、メラトニンサプリを服用してしまうと、ホルモンバランスが大きく崩れてしまう危険性が大いにあり、成長自体を妨げる危険性があります。

その時期には成長ホルモンが大量に分泌される成長期でもあるので、その時期の成長を妨げてしまうと、子供は未発達になってしまいます。

もし、我が子が不眠症に悩んでいるとしても、メラトニンサプリを服用させたりはしないようにしましょう。

また、妊娠中の女性に関しては、安全性が保証されていないのでメラトニンサプリの服用を避けなければなりません。

妊娠中の女性は、通常時とは違うホルモンバランスになっていることもあり、こちらもホルモンバランスの崩れを招く危険性があります。

産まれてくる子供にも影響が出てしまう危険性があるので、妊娠中の女性は絶対に服用しないようにしましょう。

授乳中の女性も安全性が保証されていないので服用は避けましょう。

毎晩の夜泣きや子育てで睡眠不足になってしまっている女性もいるかもしれませんが、授乳期間中はメラトニンサプリの服用は危険なので、自分自身のためにも、子供のためにも服用はしないようにしましょう。

それだけでなく、不眠症によって起こりうる病気にかかっている人も服用は避ける必要があります。

糖尿病や高血圧は、不眠症が悪化すると起こりやすいと言われている病気ですが、これらの治療中にメラトニンサプリを服用するのは禁止されています。

血糖値や血圧をコントロールするための治療薬を飲んでいる場合には、血糖値や血圧を上昇させてしまう危険性があるのです。

これらの治療をしている際に独断で服用はやめましょう。

不眠症治療のためにどうしてもメラトニンサプリを服用したい場合には、医師の判断に委ねるようにしましょう。

また、うつ病患者も禁止されています。

不眠症とうつ病はかなり密接な関係にありますが、うつ病の治療薬と併用してしまうと、うつ病の症状が悪化させる可能性があります。

不眠症が原因で起こりうる病気なのに、不眠症改善のためメラトニンサプリを服用してはいけない、ということでちょっとややこしく感じてしまうかもしれませんが、他の治療薬を服用している人は、不安な場合には必ず医師に聞いてみましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行