1. ホーム
  2. メラトニンサプリは通販サイトで購入できる
  3. 通販を使う際の注意点

メラトニンを通販で購入するのは非常に簡単ではありますが、気をつけなければならないこともあるので、確認しておきましょう。

購入数に注意!

通販利用の際の注意点を解説する医者

メラトニンを使用して睡眠の質を上げたい、時差ボケを解消したい、そのように思っている人は、個人輸入代行というサービスを利用することができる、医薬品の通販サイトを利用することによって、非常に簡単に海外からメラトニンを輸入することができます。

ですが、メラトニンを薬の通販サイトで購入する際には注意しないといけないことが幾つか存在しています。

まず1つは、注文から到着までの期間です。

薬の通販サイトは個人輸入代行という方法を利用することによって、海外から薬を手軽に購入することができます。

ですが、この個人輸入代行という方法を利用した通販というのは、家具や日用品を販売している一般的な通販サイトなどと商品が送られてくるまでの経路やシステムが全く違うため、手元に到着するまでに非常に長い時間がかかってしまうのです。

到着までの時間は代行業者の存在している国や、その時の状況などによって変動しますが、平均すると2週間前後の時間がかかってしまう、という風に言われています。

なので、個人輸入代行を利用した通販を行う際には、使用する時に間に合わない……という状況にならないように、事前注文を行うようにしましょう。

そして、もう1つ注意点が存在しています。

それは購入数の制限です。

日本には薬事法、という薬に関する法律が存在しているのですが、この法律によって個人輸入代行で購入できる医薬品の数に制限がかけられているのです。

具体的にどの薬がどれだけ制限をされているのか、というのは薬の種類によって異なっていますが、多くの薬が用法用量を守って2ヶ月分のみという制限をされています。

メラトニンの場合は1日1錠の服用が基本的な使用方法になっており、ボトル1つに60錠入りの製品が存在している為、その製品であれば1度の注文でボトル1つのみ購入できる、ということになります。

そのため、メラトニンを個人輸入代行で注文する際には、60錠入りボトル1つまでしか買えないという事を忘れないようにしましょう。

また、この制限を超えて注文を行った場合どうなるのか……というのが気になる人もいると思いますが、制限を超えて行われた注文というのは、多くの通販サイトで購入がキャンセルされます。

一部のサイトでは注文のキャンセルがされませんが、その代わりに税関で一旦注文した商品が止められ、注文者に対して薬監証明と呼ばれる証明書を提出するように通知が送られます。

この薬監証明を提出できれば制限を超えた購入ができますが、肝心の薬監証明を取得するためには医師免許証が必要になります。

多くの人は薬監証明を取得したくても取得できないため、過剰購入は行わないようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について

薬通販|お薬なび|個人輸入代行