1. ホーム
  2. メラトニンの分泌を高めるポイント
  3. 規則正しい生活・ストレスを溜めない生活で改善できる

メラトニンの分泌を高めるためには日々の生活習慣にも気を付けなければなりません。

メラトニンの分泌を高める生活習慣

生活習慣改善のためにランニングする女性

本当に眠りにつきたい時に、催眠作用のあるメラトニンをきちんと分泌しようと思ったら、まずは生活習慣の改善が必要になります。

近年、夜型の生活をしてしまっている若者が増えていることもかなり問題になっています。

日が出ることに眠りにつき、日が落ちる頃に起きている、なんて人も多いのではないでしょうか。

それでは十分に質のいい睡眠は取れていないことになってしまいますし、いざ規則正しい生活に戻そうと思った際、体内時計を戻すのにはかなりの時間を要することになってしまいます。

また、カーテンを閉めて真っ暗な状態で寝ている、引きこもって日中外に出ることがない、眠りにつく時間が決まっていない、などの生活を続けることでも体内時計は大きく乱れてしまいます。

不規則な生活を続けることによって、メラトニンの分泌自体も不規則になってしまい、夜になっても分泌されない、または日中なのにメラトニンが分泌されてしまう、など日常生活に悪影響が及んでしまいます。

寝たい時に眠れない、寝てはいけない時に眠くなる、そんな生活を繰り返すことは、ストレスを抱いてしまう原因にもなります。

体内時計を正し、夜にメラトニンを十分に分泌させるためには、まずは自分自身の日常生活を見直すことが重要になります。

起床時間、食事時間、就寝時間などの日常の生活リズムがきちんとするだけで、体内時計は改善され、メラトニンも正常に分泌されるようになるのです。

日光を浴びる

急に生活リズムを変えることは難しいかもしれないので、まずは太陽の光をよく浴びるような生活を送るようにするためにも、朝はなるべく早く起きるようにしましょう。

そして、夜は不必要に夜更かしをせず、眠気が誘うまま眠りにつきましょう。

そうすることで、自然な睡眠へと誘発されるようになり、なかなか寝つけないという不快感から解放されるはずです。

また、睡眠時の環境を整えることも体内時計を改善するのにいいと言われています。

例えば、枕を変えてみる、部屋の温度を調節する、照明を変える、寝心地の良いBGMをかけるなど、些細なことかもしれませんが、これらが効果的に感じる人もいるようです。

睡眠時だけでなく、起床時にも十分に太陽の光を浴びることが出来るよう、必要なだけカーテンを開けた状態にしておくなども効果的でしょう。

最も重要なのは、朝には光を浴び、夜には不必要に光を浴びないことです。

そのことに注意しながら日常生活を送るだけでも、体内時計は正常へと変化するでしょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行