1. ホーム
  2. メラトニンの分泌を高めるポイント
  3. メラトニンを食事で摂取

メラトニンを体内で生成するためには普段の食事でも考えておくべきポイントがあります

日頃の食生活でメラトニンを摂る

メラトニンを含む食品、ケール

健康を維持するためには、体に良いとされる食品は積極的に摂っていきたいですが、最注目されている成分にはメラトニンがあげられます。

この成分がどのような健康効果を発揮してくれるのかということになりますが、これは安眠を促すホルモンと呼ばれており、良い睡眠のためには欠かせないものとなっております。

あまり良く眠れていないという方はこうした成分が不足している可能性があります。

メラトニンは年齢とともに体内から不足していくとされていますので、年齢とともに眠りが浅くなったという人はやはり補う必要があると言えるでしょう。

それからメラトニンは、睡眠に良いだけではなく、体内時計を調整する機能もあるとされていますし、細胞の免疫強化を行う作用もあるとされています。

それゆえに足りない成分は補っていきたいですが、まず補う方法としては食事からということがあげられますので、メラトニンを多く含む食品についてチェックしておきたいものです。

身近な食品ではケールやオート麦、とうもろこしや米などがあげられますが、ケールなどはそのまま食べることは少ない食品ですし、その含有量もそれほど多くはありませんので、食べ物から直接摂ることはかなり難しいものとなっています。

セロトニンを増やすトリプトファン

そして、メラトニンを体内で作るためには神経伝達物質であるセロトニンを増やす必要があり、そのためにはトリプトファンをしっかり摂ることが大切です。

トリプトファンはセロトニンの原料となる物質で様々な食品に含まれていますので、どのような食品から摂ればよいのかチェックしておきましょう。

トリプトファンは必須アミノ酸となっており、肉類や魚介類に多く含まれているといわれていますが、穀類や乳製品、豆類や野菜からも摂ることができます。

乳製品では牛乳に多く含まれているとされていますが、実際にはそれほどではなくチーズなどの方が多く含まれているようです。

日本人は乳製品が苦手という方は少なくありませんが、そういった場合は豆乳や大豆製品にも注目してみましょう。

意外と豆乳の方が牛乳よりも多くのトリプトファンを含んでいますので、これなら乳製品が苦手という方にも安心なのではないでしょうか。

それから日本食で古くから食べられている納豆や豆腐にもトリプトファンは多く含まれています。

さらに、穀類にも意外と多く含まれており、炭水化物と一緒に摂ると脳内の届きやすいとされていますので、こちらもしっかり摂っていきたいものです。

もちろん、食事だけでなくメラトニンはサプリメントで補充することもできます。

サプリメントなら手軽にメラトニンを摂取することができます。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行