1. ホーム
  2. メラトニンの分泌を減らすもの
  3. セロトニンが減るとメラトニンも減る

セロトニンとメラトニンには深い関係性があります。メラトニンの減少にはセロトニンの減少も関わっているのです。

メラトニンとセロトニン

セロトニンとメラトニンの関係

メラトニンの分泌には、「セロトニン」という物質が関与しています。

セロトニンとメラトニンは、その働きから「光と影の関係」と言われることもあるほど。

セロトニンは昼の活動に関する覚醒作用があるので「光」、メラトニンは夜の睡眠に関する催眠作用があるので「影」、と見事に2つの性質を表している言葉が「光と影」なのです。

メラトニンとセロトニンの働きには、自律神経系が関係しています。

メラトニンは副交感神経系、セロトニンは交感神経系の指示によって分泌されているのですが、交感神経系は昼間に優位に働き、副交感神経系は夜に優位に働きます。

よって、メラトニンが分泌されている時には、セロトニンの分泌は抑制され、セロトニンが分泌されている時には、メラトニンの分泌は抑制されます。

お互いがお互いに影響を与え合っていることで、人間は決まった時間に眠くなることが出来るのです。

正常なメラトニンとセロトニンの分泌に関与している自律神経の働きを左右しているのも体内時計なので、体内時計も非常に重要な役割を果たしているのです。

目が冴えてしまった女性

また、セロトニンはメラトニンの原材料になっているので、セロトニンの分泌量が減ってしまうことは、必然的にメラトニンの分泌量を減らすことにもなります。

セロトニンが減少する原因は、ストレスによることが非常に多いです。

日常生活を送る中で感じているストレスによって、脳の視床下部が影響を受け、その影響によって自律神経系は刺激を受けます。

そして、交感神経系や副交感神経系が活発に活動を始めてしまいます。

メラトニンの分泌にも関与している交感神経系は、アドレナリンの分泌量を増やす、心拍数を増加させる、血圧を上昇させる、などの働きがあります。

イライラした時に、なぜか頭が痛くなったり、興奮状態になった経験がある人も多いと思います。それは、交感神経系が指令を受けてそうさせているのです。

そんな状態が続いているようでは、もちろん睡眠どころではありませんよね。

ストレスの原因を考えすぎることで、どんどん目が冴えてしまいます。

そのため、眠る前には特にストレスを感じない状態を作り上げることが重要になってくるでしょう。セロトニンには交感神経系が過剰に活動するのを抑制する働きがあるので、セトロニンが十分に分泌されている時には、ストレス解消にとってはベストな状態でもあります。

ストレスをあまり感じない生活をしていれば、必然的にセロトニンの分泌量も増えます。

分泌されているセロトニンの許容範囲を超えてしまうような過度のストレスを感じないようにすることが、結果的に質のいい睡眠をとることに繋がります。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行