1. ホーム
  2. メラトニンの分泌を減らすもの

メラトニンが減少してしまう原因やその行動について説明します。

分泌量が減少する原因

メラトニンの分泌量の減少について解説する医者

メラトニンの分泌量が減少してしまうことには、様々な原因が考えられます。

最も多い原因としては、生活習慣の乱れによるものです。

起きる時間、寝る時間、食事の時間が毎日バラバラで、何一つ定まっていないような不規則な生活をしている人は、体内時計が狂ってしまっています。

体内時計が狂ってしまうことで、メラトニンは正常な時間に分泌されることがなくなってしまいます。

メラトニンは睡眠時に必要なホルモンではありますが、睡眠時以外の過ごし方もメラトニン分泌に大きく関与してきます。

メラトニンを十分に分泌させ、自然な睡眠へと導くには、生活習慣の改善を考えましょう。

生活習慣だけでなく、メラトニンの分泌量減少の原因にはストレスが関係していることもあります。

ストレスを抱えている時、眠る前にストレスの要因になっていることを考えてしまうことがあると思います。

眠る前に何かを考える、ということは脳を活発化させてしまうことにもなります。

また、ストレスに関与している副腎皮質ホルモンの分泌が増えることでメラトニン分泌に必要な物質の働きを抑制してしまいます。

現代社会はストレス社会とも言われており、ストレスから逃れることはできません。

ストレスの種類も多くあり、気温や騒音などの物理的ストレスもあれば、ホコリなどの科学的ストレスを感じる人もいるでしょう。

こういったストレスはそう簡単には解消することはできませんし、ストレスの種類によって何をすれば解消できるのかももちろん異なります。

自分自身でリフレッシュ法を見つけることが生活を豊かにすることにも繋がるはずです。

お年寄り

他にも、加齢が原因でメラトニンの分泌も減少すると言われています。

お年寄りは朝が早いと言いますが、ただ単に早起きをしているのではありません。

お年寄りが早起きになってしまうことの原因も、メラトニンの減少によるものなのです。

加齢ばかりは逆らうこともできませんが、もちろん対処法がないわけではありません。

睡眠時に分泌される成長ホルモンは疲労回復や細胞の再生にも関与しているので、歳を取れば取るほど睡眠時間をきちんと確保することが重要になってきます。

健康を維持するため、長生きするためにもメラトニンの分泌量を増やしましょう。

日常生活を送る上で、睡眠を阻害してしまう要因はいたるところに転がっています。

睡眠は人間の生活の中でももっとも重要な時間です。

理想的な睡眠時間は6~8時間と言われているので、多い人だと人生の3分の1は寝ていることになります。

その睡眠をきちんとしないことには、人生の充実度もあがりません。

そのため、睡眠の質をあげるために重要なメラトニンを減少させるような生活はしないようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行