1. ホーム
  2. メラトニンの作用と副作用
  3. 時差ボケの解消にも効果を発揮する

海外旅行へ行っても、帰国しても悩まされてしまう「時差ボケ」。これを解消するために有効な手段がメラトニンサプリの摂取です。

時差ボケの解消にメラトニン

時差ボケ解消にも有効なことを語る医者

海外旅行というのは非常に楽しいものですよね。

普段の日常生活では決して体験できないような事を体験することができたり、現地でしかできないような体験ができたり……楽しい思い出を作ることができます。

そして、そのような素晴らしいイベントを楽しみ、飛行機に乗って自宅に帰り、さぁもう夜だし寝ようかな……なんていう風に思った時、眠りたくても眠れないなんていう経験をしたことはありませんか?

それもそのはず、ついこの前までは日本とは時差のある国に旅行していた為、体内時計が海外基準の時間になってしまっていているのです。

そのため、日本に帰ってきて寝ようと思っても、身体の中はまだ海外気分になっていて、眠ることができないということがあります。

このような現象を「時差ボケ」と呼び、日本とはかなり時差があるところへ旅行した人のほとんどがこの時差ボケという現象に悩まされる事になります。

この時差ボケを起こしてしまうと、旅行した国によっては体内時計が昼夜逆転している為、日常生活もままならないような状況になってしまう可能性もあります。

そのため、海外旅行から帰ってきた人の多くが、どうにかして時差ボケを解消できないだろうか……と思いながら、さまざまな時差ボケ解消法を試しています

実はメラトニンはこの時差ボケに対しても非常に効果が高いと言われています。

時差ボケを解消するために最も大切な事というのは、生活リズムや体内時計を行き先の国や帰国先に合わせると言うものです。

飛行機で移動している最中に行き先の国や、帰国時には帰国先の時間に合わせて睡眠を取る、太陽の光を浴びる時間と浴びない時間をしっかりと作り、体内時計を調節する……という方法が取られます。

ですが、このような時差ボケ解消方法というのは、そこまで確実な時差ボケ解消効果は無く、多少マシになるという程度です。

そこで登場するのがメラトニンです。

メラトニンは朝起きてから14時間~16時間経過後に分泌されるホルモンと言われています。人によって多少の違いはありますが、基本的には夜眠る前くらいの時間にメラトニンの分泌がはじまるようになっています。

この時間が体内で狂ってしまっているために時差ボケが起きるので、実際に眠りたい時間の数時間前にメラトニンを摂取することにより、人工的に体内のメラトニン量を上昇させることで時差ボケを解消できます。

また、この方法を試す際には、他の時差ぼけ解消法を併用するとより効果が高い、という風に言われています。

そのため、飛行機で行き先の国の時間に合わせて睡眠を取る際にメラトニンを服用し、現地到着後も数日はメラトニンを摂取する、帰国時にも同様にメラトニンを摂取しながら飛行機で眠り、自宅に帰って日常生活を送る際にもメラトニンを摂取する……このような生活を送ることによって、非常に簡単に時差ボケを解消し、生活リズムを正常なものに戻すことができます。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

睡眠薬について

薬通販|お薬なび|個人輸入代行