1. ホーム
  2. メラトニンと成長ホルモン
  3. 成長ホルモンが少なくなるリスク

成長ホルモンが減少してしまうことで起こり得るリスクについて説明します。

成長ホルモンが減ってしまうと…

成長ホルモンの作用

多くの人が子供の頃に「夜更かしをしていたら大きくなれないよ!」と叱られたことがある経験があると思います。

夜遅くに面白そうな番組をテレビでやっているのにも関わらず、我慢して布団に入っていた人も多いのでないでしょうか。

しかし、このセリフは決して夜更かししていることを叱るための脅し文句として適当に言っているのではありません。

夜更かしをすることによって成長ホルモンの分泌がかなり減少してしまうので、実は根拠に基づいたセリフなのです。

成長ホルモンが子供から大人へと成長する際に必要なホルモンである、ということは皆さんご存知だと思います。

成長ホルモンは、夜の9時頃から分泌量が増えると言われています。

そして、睡眠時に最も多く分泌されるので、子供の頃にはしつこいくらいに早く寝なさい!と言われていたのです。

早く寝ることは、成長ホルモンの分泌量を最大限にさせるために重要なことでもあったのです。

成長ホルモンの減少のリスクについて説明する医者

また、成長ホルモンは子供だけでなく、大人になってからも必要なホルモンです。

深い眠りにつけない時、もしくは途中で何回も目が覚めてしまう時、睡眠時間としてはきちんと確保したはずなのに、身体が全く休まった気がしない…なんてことを感じたことはないでしょうか。

それも、成長ホルモンが十分に分泌されていないことの影響なのです。

成長ホルモンには疲労解消作用があります。

睡眠が浅いことにより、成長ホルモンが十分に分泌されず、身体の疲労回復作用がもたらされなくなってしまいます。

睡眠は、身体を十分に休めるための必要な時間なのです。

また、損傷した細胞を修復、再生する働きもあります。

怪我をしてしまったが、寝たら少し痛みが引いた、なども気のせいではなく、睡眠時の成長ホルモンの働きによるものなのです。

もちろん怪我だけでなく、肌細胞にも作用してくれます。

睡眠不足は肌に良くないのは知っていると思いますが、これも成長ホルモンの分泌が関係しています。

肌細胞は非常に繊細なので、生活週間や食生活などの影響ですぐに壊れてしまいます。

しかし、きちんと睡眠時間を確保することで、成長ホルモンの働きによって肌細胞は再生し、美しい肌を取り戻すことができるのです。

とはいえ、ただ眠ればいいというわけではなく、質のいい睡眠をとることが重要になってきます。

そのためにも、強い催眠作用を持っているメラトニンの分泌が重要になってきます。

メラトニンが十分に分泌されないことには、質のいい睡眠をとることもできません。

成長ホルモンを十分に分泌させるために、まずはメラトニンの分泌を意識する生活を送るようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行