1. ホーム
  2. スムーズなメラトニンの分泌

メラトニンの分泌をスムーズにさせるポイント

メラトニンの分泌が少なくなってしまうと、「寝たりない」や「寝たのはずなのに眠い…」といった事を日中に感じやすくなってしまい、更に睡眠の質を悪くしてしまいます。

睡眠ホルモンと言われているだけに、睡眠の質を高める為にはこのホルモンが夜にきちんと分泌されている事が望ましいので、日常生活の中で、誰でも簡単に取り入れ易い方法やポイントを紹介します。

1:朝目が覚めたらしっかりと日の光を浴びる

2:規則正しい生活を心がける

3:毎日の食事から摂取してい

4:眠りに着く前に体に刺激を与える様な事を控える

この4つの方法を基軸とし、毎日の生活の中で少し意識するだけで、快適な睡眠をおくれる様になり、日中の眠気を抑える事が出来ます。


方法がわかった所で以下にカテゴリーごとに更に上手に行うポイントを解説していきます。

★朝目が覚めたらしっかりと日の光を浴びる
メラトニンは脳内(松果体)から分泌が行われていて、強い光が脳から分泌のONとOFFを切り替えるスイッチになっています。
その為、起きた時に体一杯に日の光を浴びる事でスイッチがOFFとなるので、分泌を抑え脳内が覚醒していくので自然に目が覚める様にもなります。
朝に分泌を抑える事がしっかり出来れば、一度リセットされた状態になる事から起床後の14~16時間位を経過すれば再びスイッチがONになるので、夜になれば自然に眠気を感じる事が出来る様にもなるので、朝に日の光を浴びる事は大切なスイッチの切り替えを行ってくれます。

★規則正しい生活を心がける
規則正しい生活は上記の事に繋がってもいて、夜更かしを続けてしまう事は蛍光灯などの強い光を浴び続ける事になるので、眠りに着く時間に分泌のスイッチがONにならず分泌される時間帯が乱れてしまうので毎日の規則正しい生活を心がける事はスムーズな分泌の為に大切な事になります。

★毎日の食事から摂取していく
毎日の食事から摂取するには、特に多く含んでいる食材「ケール」を挙げる事ができます。
これは青汁の食材で、野菜界の王様としても知られています。
その他にもバナナや白米、かいわれ大根等も含まれていると言われています。
しかし残念ながら自然食品から分泌を促す程の量を摂取する事は難しいとされているので、そこで「トリプトファン」という必須アミノ酸がメラトニン生成の原料となるので、この物質なら牛、豚、鶏、魚等の魚肉類などのたんぱく質から効率良く摂取でき、効率を高めるのであればサプリメントに頼る事も一つです。

★眠りに着く前に体に刺激を与える様な事を控える
最後の刺激ですが、これは蛍光灯の光や最近では広く普及されているスマホ、テレビやパソコン等の電子機器などから発される人工的な光は分泌を抑える様にしてしまうので寝る前に使用する事はお勧め出来ません。
また熱い湯船につかる事は体温を上げてしまい目が覚めるのであまり良くありませんし、カフェインやタバコ等も抑制してしまうので就寝前には控える必要が有ります。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行