1. ホーム

睡眠に欠かせない要素、メラトニンの役割とは

分泌ホルモンのメラトニン

眠っている女性

メラトニンと聞かれてどんなものか答えられる人はそう多くは無いと思いますが、これは「人の眠り」に関わっている脳内から分泌される体を休ませる為に必要なホルモン物質となっています。

その為、「睡眠ホルモン」とも呼ばれていて、この物質の分泌が抑制される事で私たちは朝に目が覚めたり、反対に分泌される事で夜に自然に眠りに着く事が出来る様に眠くなると言われています。

このメラトニンの作用は起床や睡眠等の体内時計として以外にも働きがあり、以下の様になっています。

・細胞を活性化させる事で新陳代謝を促す
・疲れた体を癒す、疲労回復効果
・病気に掛かる事を予防したり、老化防止に繋がる

こういった効果は「抗酸化作用」と呼ばれる作用によって得られる効果となっていて、血管の中を綺麗に掃除したり拡げる事で血行を促進させる事ができ、この他にも様々な効果をもたらすとされアンチエイジング効果等も期待出来るとされ現在、注目を浴びているホルモンの一つにもなっています。

体内時計としての役割は、朝の日差しを浴びる事で脳内では物質が分泌が抑えられる事で人が活動出来る状態へと導く事が出来ます。
反対に目が覚めてから14~16時間ほどが経つと再び脳内から分泌を促すシグナルが送られるので、その濃度が高まっていく事で体温が下がるので人が眠りに着き易い状態へと導かれるので「そろそろ寝るか」や「眠い…」といった体が休息する状態に入り眠気を感じる様になっていきます。

分泌されるスイッチとなっているのは日差し等の光になっており、夜更かしを続けてしまう事で体内時計が乱れていく様になってしまい、一般的に人が眠る就寝時刻に強い光を浴び続ける事はいずれ睡眠のリズムを乱し不眠症や体が十分な休息を取れない事から体調不良を起こしてしまう原因にもなってしまいます。

起こる症状としては「眠れない…」や「寝付きが悪くて朝も眠い」、他にも「寝た気がしない」等の事を感じ易くなります。

いずれこういった事を症状としている睡眠障害と呼ばれる「不眠症」に陥ると言われ、日中の眠気から日常生活へ悪い影響を与える様になってしまい、人によっては日中の眠気が苦痛になってしまう事も有ります。
その為、正常な分泌を促す為に出来る限り日中にたくさんの光を浴びて、毎日の生活を健康に過ごす為に規則正しい生活を送る事が望まれています。

体内時計の重要性

体内時計

人間には、体内時計というものがあると言われています。
この言葉を聞いたことがない人は恐らくいないのでは?と思うほど、世間的に広く知れ渡っている言葉でもあります。
実際に、時計を全く見ていないにも関わらず、いつもご飯を食べている時間になると急にお腹が空いたと感じる、というような経験をしたことはないでしょうか。
それは気のせいでもなく、本当にお腹が空いているのでもなく、体内時計がそうさせているのです。
人間に体内時計というものがあるのかないのかは定かではないですが、日常の生活リズムが人の体内時計を形成しているのではないか、とも言われています。
体内時計が乱れてしまうことは、日常生活を送る上で、様々な悪影響を与える要因にもなりかねません。

そして、この体内時計は人間が休息するのに重要な「睡眠」にも大きく影響してきます。
体内時計には、空腹などのサインだけでなく睡眠時に必要なサインも送り出す働きがあるのです。
体内時計が狂ってしまうと、寝なければいけない時間になっても目が冴えてしまい、結果的に睡眠障害を起こしてしまう危険性があります。
こういう事態を招いてしまうのは、体内時計によって睡眠を誘発している物質があるからなのです。

その物質は「メラトニン」です。

メラトニンは、脳にある松果体から分泌され、自然な睡眠へと導くのに重要なホルモンです。
高い催眠効果を持っていることから、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。
このメラトニンは昼に分泌されることはほとんどなく、夜になると分泌すれるホルモンでもあり、メラトニンが分泌されることによって体温や血圧が低下し、脳が睡眠に向けての準備をし始めます。
眠りにつくのにベストな状態をつくることで、人は自然な状態で眠りにつくことが出来るのです。
つまり、このメラトニンに分泌量が減少してしまうことにより、十分な睡眠をとることができず、不眠症などの睡眠障害になってしまうのです。

そして、睡眠に重要なメラトニンの分泌に体内時計が深く関与しているのです。
体内時計とメラトニンの働きにより、人は正しい睡眠サイクルを手に入れることができ、質のいい睡眠を確保することが出来るのです。
なので、メラトニンを十分に分泌させようと思った場合には、まず体内時計を正すことが必要になってくるのです。
体内時計を乱している要因が一つでも思い浮かぶのであれば、小さなことでもいいので改善していくようにしましょう。

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行