1. ホーム
  2. 今いるページ

分泌ホルモンのメラトニン

メラトニンと聞かれてどんなものと答えられる人はそう多くは無いと思いますが、これは「人の眠り」に関わっている脳内から分泌される体を休ませる為に必要なホルモン物質となっています。

その為、「睡眠ホルモン」とも呼ばれていて、この物質が分泌される事が抑制される事で私たちは朝に目が覚めたり、反対に分泌される事で夜に自然に眠りに着く事が出来る様に眠くなると言われています。


このメラトニンの作用は起床や睡眠等の体内時計として以外にも働きが有り、以下の様になっています。

・細胞を活性化させる事で新陳代謝を促す

・疲れた体を癒す、疲労回復効果

・病気に掛かる事を予防したり、老化防止に繋がる

こういった効果は「抗酸化作用」と呼ばれる作用によって得られる効果となっていて、血管の中を綺麗に掃除したり拡げる事で血行を促進させる事ができ、この他にも様々な効果をもたらすとされアンチエイジング効果等も期待出来るとされ現在、注目を浴びているホルモンの一つにもなっています。

体内時計としての役割は、朝の日差しを浴びる事で脳内では物質が分泌される事が抑えられる事で人が活動出来る状態へと導く事が出来ます。
反対に目が覚めてから14~16時間ほどが経つと再び脳内から分泌を促すシグナルが送られるので、その濃度が高まっていく事で体温が下がるので人が眠りに着き易い状態へと導かれるので「そろそろ寝aるか」や「眠い…」といった体が休息する状態に入り眠気を感じる様になっていきます。

分泌されるスイッチとなっているのは日差し等の光になっており、夜更かしを続けてしまう事で体内時計が乱れていく様になってしまい、一般的に人が眠る就寝時刻に強い光を浴び続ける事はいずれ睡眠のリズムを乱し不眠症や体が十分な休息を取れない事から体調不良を起こしてしまう原因にもなってしまいます。

起こる症状としては「眠れない…」や「寝付きが悪くて朝も眠い」、他にも「寝た気がしない」等の事を感じ易くなります。

いずれこういった事を症状としている睡眠障害と呼ばれる「不眠症」に陥ると言われ、日中の眠気から日常生活へ悪い影響を与える様になってしまい、人によっては日中の眠気が苦痛になってしまう事も有ります。
その為、正常な分泌を促す為に出来る限り日中にたくさんの光を浴びて、毎日の生活を健康に過ごす為に規則正しい生活を送る事が望まれています。

日頃の食生活でメラトニンを摂る

健康を維持するためには、体に良いとされる食品は積極的に摂っていきたいですが、最注目されている成分にはメラトニンがあげられます。

この成分がどのような健康効果を発揮してくれるのかということになりますが、これは安眠を促すホルモンと呼ばれており、良い睡眠のためには欠かせないものとなっております。

あまり良く眠れていないという方はこうした成分が不足している可能性があります。

メラトニンは年齢とともに体内から不足していくとされていますので、年齢とともに眠りが浅くなったという人はやはり補う必要があると言えるでしょう。


それからメラトニンは、睡眠に良いだけではなく、体内時計を調整する機能もあるとされていますし、細胞の免疫強化を行う作用もあるとされています。

それゆえに足りない成分は補っていきたいですが、まず補う方法としては食事からということがあげられますので、メラトニンを多く含む食品についてチェックしておきたいものです。

身近な食品ではケールやオート麦、とうもろこしや米などがあげられますが、ケールなどはそのまま食べることは少ない食品ですし、その含有量もそれほど多くはありませんので、食べ物から直接摂ることはかなり難しいものとなっています。

そして、メラトニンを体内で作るためには神経伝達物質であるセロトニンを増やす必要があり、そのためにはトリプトファンをしっかり摂ることが大切です。

トリプトファンはセロトニンの原料となる物質で様々な食品に含まれていますので、どのような食品から摂ればよいのかチェックしておきましょう。

トリプトファンは必須アミノ酸となっており、肉類や魚介類に多く含まれているといわれていますが、穀類や乳製品、豆類や野菜からも摂ることができます。

乳製品では牛乳に多く含まれているとされていますが、実際にはそれほどではなくチーズなどの方が多く含まれているようです。

日本人は乳製品が苦手という方は少なくありませんが、そういった場合は豆乳や大豆製品にも注目してみましょう。

意外と豆乳の方が牛乳よりも多くのトリプトファンを含んでいますので、これなら乳製品が苦手という方にも安心なのではないでしょうか。
それから日本食で古くから食べられている納豆や豆腐にもトリプトファンは多く含まれています。

さらに、穀類にも意外と多く含まれており、炭水化物と一緒に摂ると脳内の届きやすいとされていますので、こちらもしっかり摂っていきたいものです。

メラトニンはサプリメントで補充することもできます。 薬通販|お薬なび

サイトマップ

メラトニンについて

メラトニン不足による症状

メラトニンのその他の効果

薬通販|お薬なび|個人輸入代行